ハンドリームネット

ハンドリームネットは単独技術で世界初のL2セキュリティスイッチを制作、特許を取得。

お問い合わせ

ホテルのゲストを守る

VIPゲストのノートPCがワームに感染! DoS攻撃に使われてしまった! を防ぎます。

課題・問題

img01

宿泊客へのインターネット常時接続環境はもはや必要不可欠なサービスです。 一方で、「感染している端末が接続されることが前提」の時代。原因がわからないネットワーク遅延や頻拍などクレームの経験はないでしょうか?
それは、あるお客様のPCからのウイルス・ワームの拡散やDoS/DDoS攻撃によって、ホテルのLAN内に有害トラフィックが発生している可能性があります。
ホテルとしては、「接続を中止」したり、「各お客様に調査依頼」といったことはできません。お客様がセキュリティ上安全に、快適・便利に過ごしていただくためには、サービス・品質向上にも役立つセキュリティシステムの整備が必要です。

課題・問題のポイント

  • インターネットサービスの停止が難しく、原因究明が困難
  • ネットワークを介して、ウイルスやワームが他のお客様への拡散の可能性がある
  • インターネット・IP電話設備などの通信盗聴リスクがあり得る
solution

解決策

解決後の効果・結果

  • たとえワームに感染したPCが接続されても、有害なトラフィックを自動検知・自動遮断。
  • 正常なトラフィックは通すため、他のお客様にご迷惑をかけることなく、ワーム拡散や攻撃を防止。
  • 盗聴やハッキングなどによる、お客様の情報漏洩防止も可能。
  • 定義ファイルの更新等、機器のメンテナンスは不要。管理者が少ないホテルでも導入可能。
img02

PAGETOP