ハンドリームネット

ハンドリームネットは単独技術で世界初のL2セキュリティスイッチを制作、特許を取得。

お問い合わせ

セキュリティスイッチ

ネットワーク管理者が「SubGate」に注目する理由

最近DDoS攻撃によって被害が続出し、新種ワームウィルスに感染したPCへのユーザセキュリティー化が社会的イシューとして注目をあびています。SubGateはエンドユーザPCから最も近いアクセスレベルで攻撃をリアルタイムで検知/遮断し、ネットワーク環境を安全に守ってくれます。

詳しくはこちら

統合管制システム(VIPM)

Visual IP Manager(VIPM)は内部ネットワークのIP管理及び接続を制御するソリューション

VIPMはSubGateから認識されるIP、MACに対して使用状況をモニタリング及び制御できるように開発したIPマネジメントシステムです。
付加機能としてSubGateで検知/遮断されるネットワークアタック(DoS、DDoS、Flood、SCAN、ARP Spoofing など)の詳細情報及びシステム情報などをモニタリングする機能があります。

詳しくはこちら

統合管理プログラム(VNM)

SubGateは全体スイッチを一元化してネットワーク状態をリアルタイムモニタリング及び管理可能な「統合セキュリティ管制ソリューション(VNM)」を提供します。海外、地方あるいは事業所が分散している場合でも遠隔でアタック情報はもちろん、検知/遮断された詳細ログ及びヒストリ詳細を一目でわかるようにレポートすることにより、簡易に状況を把握し、報告できるようになります。

詳しくはこちら

PAGETOP